昔脚本家目指してたけどまた目指すことに決めた人の書き置き場。
犯人役のイメージしかなかった久世星佳さんの宝塚時代に
すっかりK.Oしてしまい…(ファンになる入口はドラマの犯人役ですが)
そのまま久世さんと宝塚OGファンになってまだ数ヶ月ちょいのド新規です。
久世星佳/90年代宝塚&月組/天海祐希/涼風真世
絵麻緒ゆう/姿月あさと/匠ひびき/一路真輝/高嶺ふぶき
現役だと望海風斗・美弥るりか・星風まどか
ジャニーズ(23年茶の間)/松井珠理奈/市川美織/サカナクション
TRICK/SPEC/ケイゾク/眠れる森/相棒シリーズ(やっぱ亀山さん)

(ネタバレ有)「SHERLOCK シーズン4」第1話ラストの解釈について考える。

あっついけど、あっついけど、あっついけど。

どうしても書きたいので何日かぶりのPCから。

とにかく「SHERLOCK シーズン4」がモヤモヤしてしょうがない。

まだ第1話とは言えども、私なりに解釈してみようと思う。 

 

ところで宝塚でシャーロック・ホームズは公演しないのかなぁ?

私的には花組で見たいなぁ~~~。 なんて。

明日海りおさんのホームズ…ん~~どうだ?

んで、ワトソンは特出で美弥るりかさん。モリアーティは星条海斗さんとか。

 

 

 「SHERLOCK シーズン4」第1話ラストの解釈を考えてみる

ネタバレ含む昨日の記事。

だいたいのネタバレはこちらに書いてある。

dolly-728-moonstar-9ze-78.hatenadiary.jp

 番組サイトはこちら↓

www4.nhk.or.jp

 

※ネタバレするのでまだ見ていない方・ネタバレが嫌いな方はUターンして下さい※

 

 

 

 

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

 

 

 

簡単に終盤あたりの内容をチラッとネタバレ。

メアリーは亡くなる前にホームズ宛にDVDをこっそり撮っていました。

そして、

『あなたがそのDVDを見ている頃には自分はもう死んでいる』

というメッセージと、

 『ジン・ワトソンを救って』

という依頼をします。

これは愛するメアリーが亡くなったことで何もかも絶望になっているワトソンを救えるのは固い絆で結ばれている相棒のホームズだけしかいない…ということでしょう。

が、しかし、、、、、、、、

ラストのラストでこの「地獄へ落ちろ シャーロック」と言ってDVDが終わる。

(意味深なセリフを言ってプツンと終わる演出系、実は結構好きなのである)

メアリーがホームズ庇って銃弾に倒れて亡くなっただけでも衝撃だったのに最後の最後でこれ?! 

 おいおいおいおい・・・・どういうことなんだ。

ところで、メアリー(ロザムンド)・・・。そのDVD、いつホームズ宛てに送ったんだい?(こっそりポストに忍ばせたのかい?)

 

 

推理ドラマが好きなバカ(私)が解釈してみる。

 ①メアリーの本音?

ホームズがメアリーの本当の正体(シーズン3にて発覚)探らなかったら?

だけど、ホームズのことだからな〜。 

『何もかも捨てて、メアリーとして生きてワトソンと一生添い遂げる気でいたのに。

よくもワトソンに私の本当の正体をバラしてくれたわね』……的な本音だったのか。

口では「シャーロック。 あなたが大好き(もちろん友人として)」って死ぬ間際に言ったとしても、

腹の中では全く逆のことだったとしたら……ありえるけど、ありきたりだよねぇ。

 

②モリアーティと繋がっていた?

 もしかしたらメアリーはホームズやワトソンと会う前からモリアーティと繋がってたのかしら?

 

③モリアーティは実は生きてて、メアリーに変装してDVDを送った?

「地獄へ落ちろ シャーロック」……メアリーの本音じゃなかったら、

じゃあその言葉の真意は…?

モリアーティが実は死んでなくて生きていて、メアリーが亡くなった頃合いを見て変装してDVDを送ったとしたらどうだろう?

モリアーティなら確実に言ってもおかしくないもんね。このセリフ。

それに、DVDに『MISS ME?』なんて書かないだろうし(メアリーのイタズラの可能性もあるが)

 

 

そんなわけで、3つの解釈を考えてみた。

まぁ、全話見ればその意味も分かるんだけども、

気になって気になって気になってしょうがない。

 

 

③が怪しいけど、やっぱりありきたりパターンで①? 

大穴で②なんかどうだ???

 

 

モヤモヤするよねぇ。

どうやらシーズン4は全3話だけらしい。

 

 

 

ポチッとお願いします^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村      

 

人気ブログランキング