昔脚本家目指してたけどまた目指すことに決めた人の書き置き場。
犯人役のイメージしかなかった久世星佳さんの宝塚時代に
すっかりK.Oしてしまい…(ファンになる入口はドラマの犯人役ですが)
そのまま久世さんと宝塚OGファンになってまだ数ヶ月ちょいのド新規です。
久世星佳/90年代宝塚&月組/天海祐希/涼風真世
絵麻緒ゆう/姿月あさと/匠ひびき/一路真輝/高嶺ふぶき
ジャニーズ(23年茶の間)/松井珠理奈/市川美織/サカナクション
TRICK/SPEC/ケイゾク/眠れる森/相棒シリーズ(やっぱ亀山さん)

好きなミステリーあり過ぎて書けないんだがあえて4つ。

今日も朝から仕事して、お昼食べてからの~

さっき終わったのでここで今日のブログ更新。

(んなこと、知らんがな)

 

好きなジャンルはミステリー。

(ちなみに恋愛モノはどちらかというとあんまり。)

だからお題に答えてみる。

ドラマも入れるけどいいかしら?

お題「好きなミステリー」

 

そして誰もいなくなったアガサ・クリスティー

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)
 

 

小学生の時に読み更けました。

読めない漢字は辞典で調べながら。

やっぱりラストの展開にびっくらこいたのね。

裁けない犯罪を犯した者達が次々とインディアンの歌の見立て通りに死んでいく…。

大人になってから改めて読んだら子供の頃分からなかったことが

すんなり分かる。「ははーん。そういうことね」って。

一番好きなミステリーです。

 

天河伝説殺人事件 (内田康夫 

天河伝説殺人事件 [DVD]

天河伝説殺人事件 [DVD]

 

 

初見は榎木孝明さんの映画。父がビデオ借りてきてたのをこれも小学校の時に見た。

1回見ても分からなくて結局3回見たっていう。

(理解するのに時間かかる子でしたです私)

伝統芸能がゆえ、というものもありますが、

犯人が自分の子を殺めてしまったのがまた悲しい…。

中森明菜が歌う主題歌がエンドロールに流れますでしょ。ねぇ?

 

ケイゾク (西萩弓絵)

 

大、大、大、大好き。ガチで大好き。

刑事ドラマの中で一番好き。

私が脚本家を目指していたキッカケになったドラマ。

こちら、TBSはリアルタイムで見れない県なので1週遅れで見てたんです。

しかもちょうど高校受験真っ最中。

定時制だったのでそんなに勉強しなくても良かったというオチ)

このドラマ確か土曜日のお昼以降に放送してたので、セーラー服着たまま見てた。

このドラマ見てながらふと、

「中谷さんに私が考えたセリフ言って欲しいな~」って思ったのが目指していたキッカケ。

世界観が不思議だったのに必ず入れる小ネタ、

何と言っても中谷さんと渡部さんのコンビ、

紗理奈のアネゴ肌感、竜さんのお茶目感(だけど本気になるとカッコイイ)、

野口五郎のラストに見せる変態感ww 

中学校3年生の私は見事に大ハマりしました。 

それが結局「SPEC」も好きになっちゃうしね~。

 

眠れる森 (野沢尚 

眠れる森 DVD-BOX

眠れる森 DVD-BOX

 

 

 「ケイゾク」の前にどっっっっっっっぷりハマリました。

中山美穂×キムタク のこの組み合わせが見たかったのもあるし

『ウソで塗り固められた記憶』を『真実の記憶』にしていくっていうミステリーのジャンル。

当時私は記憶を利用したミステリーものは見たことがなかったし。

それに、なんのこっちゃ、『湾岸署の真下くん』のイメージだったユースケ(ユースケ・サンタマリア)の演技に圧倒。

そして陣内さんの怪演ぶり、意外な一面を見せた仲村トオルの役柄。

そして、夏八木さんと岡田さんっていう豪華キャスト。

リメイクなんてしないで欲しいくらいそのままで十分なドラマ。

竹内まりやの主題歌(「カムフラージュ」)も大好きなの。

これのシナリオ本も持ってるんですよ~。

お亡くなりになられてしまいましたが、野沢さんだったから書けたドラマだったんだと思います。

 

 

あえて4つ書いてみたけれど映像化の作品ばっかりだという事に気付く。

実を言うとアガサ・クリスティーの小説しかミステリー読んでなかったりするのです。

えぇ、たまには他の推理作家の小説も読んでみればいいのに…ねぇ?